年齢別に見るプライバシーのあり方について

子供にもあるプライバシー

子供は元気で自由な存在で大人のように見られることをあまり気にしません。そんな無邪気な子供のプライバシーには、一体どんなものがあるでしょう。子供にだって知られたくないことはあります。例えば、テストの点数が悪くて居残って特別授業が受けた…そういったことを他人に知られるのは嫌でしょうし、子供にもプライドというものがあるわけです。子供にとってのプライバシーは、そういったプライドであることが多いかもしれません。

大人が持つプライバシー

働いていればお金の使い道も人それぞれにありますし、クレジットカードを利用したショッピングで、いつの間にか返済額が増えてしまったりすることもあります。これはいろいろなことができる大人だからこそ起きることでしょう。借金の額やその詳細など私的な情報が漏れるトラブルは大人特有のものです。また異性との交際や友人との人間関係なども、大人ほどプライバシーの問題として扱われます。これらのプライバシーが本人の許可なく収集されたりすると、まさにプライバシーの侵害にあたります。

シニア世代が持つプライバシー

老後の蓄えがしっかりあると、既に定年退職している方でも贅沢な生活ができます。老後の生活を現実的に考えなければならない世代だからこそ、貯蓄率が高いのです。市場もシニア向けに商品やサービスを開発し展開しています。そうした中、裕福なシニアを狙って悪徳商法の犯罪も増えているのも事実でしょう。シニア世代が気をつけなければならないプライバシーは、老後の蓄え即ち「財産」です。財産がいくらあるかの情報は、間違っても他人に漏らしてはいけません。財産がある人ほどプライバシーを狙われる可能性があるからです。

個人情報を保護するには、個人情報を物理的に読めないようにしてくれる、シュレッダーの存在が欠かせません。