修理の前に!スマホの中の大事なデータを守る方法

本体データのバックアップ

スマホを修理に出す際、まずするべきことは本体のデータのバックアップを取っておくことです。スマホの設定画面から簡単にバックアップを行うことができるので、修理の前には必ずバックアップが取れているか確認しておきましょう。

アプリデータのバックアップ

多くのアプリでは、本体のアカウントにアプリ内のデータをバックアップすることができます。アプリによっては自動的にバックアップを行っているものもあります。アプリのバックアップはアプリ内の設定画面から行えることが多いので、本体データのバックアップと同じく確認しておきましょう。また、これはゲームアプリに多い方法ですが、アプリ内で引き継ぎコードというものを発行することができるものもあります。新しい端末で同じアプリをインストールし、この引き継ぎコードを入力すれば、アプリのデータを引き継ぐことができます。

データの初期化を行わずに修理してくれる業者を探す

メーカー等に修理を依頼すると、ほとんどの場合データは初期化されてしまいます。バックアップを取っていても修理の都合上初期化されてしまうことはありますし、データのバックアップができないアプリもあります。そんなときに頼りたいのが、データを初期化せずに修理をしてくれる巷のスマホ修理業者です。大きな破損でなければ修理時間も短く、バックアップが取れなかったデータも残したまま本体を修理することができます。また、どうしても修理ができない場合でも、スマホの中のデータを取り出す対応をしてくれることがほとんどです。

スマホ修理は液晶の交換や水没復旧修理などを行います。修理費用は修理内容によって異なるので事前に確認しましょう。